Cast

ミウ役

ウィウィシット・ヒランヤウォンクン

ニックネーム:ピッチ

1989年生まれ。タイ北部の古都チェンマイ出身。

本作品がデビュー作。監督によると、ミウ役は、容姿も良く、しかも実際に歌ったり、楽器演奏できないといけない設定なので、なかなか見つからず困っていたところ、同じ高校の後輩にあたり、音楽活動を通じて、以前から知り合いだったピッチを思い出しピッチに出演のオファーをした。本人は当初、役者になるつもりはなかったのだが、主人公の条件を満たすピッチを監督は熱心に説得し、ピッチも出演を引き受けた。そしてイメージ通り「ミウの役を演じるために生まれてきたようだ」と監督に言わしめた。

ミュージシャンとしては映画『カオニャオ・ムーピン(Bite of Love)』('06)の挿入歌『マイペンライ』を<SPOX>というバンドのリードボーカルとして歌っている。(『マイペンライ』の作詞作曲はチューキアット監督)現在、バンコクの有名大学であるタマサート大学に在籍。学業のかたわら、映画をきっかけに実際にデビューして今や大人気の<オーガスト・バンド>では映画の中のミウと同様にリードボーカルと曲の提供を行っている。役者としては映画『ファン・ワーン・アーイ・ジュープ(4 romances)』('08)を始め、ドラマ、CMなどで活躍している。

トン役

マリオ・マウラー

ニックネーム:オー

1988年生まれ。

父親がドイツ人、母親が中国系タイ人のハーフ。

モデル、CM、ミュージックビデオなどで活動しており、本作品で本格的な役者として映画デビュー。監督としては、トン役は、見かけは友達についていくようなどこにでもいるタイプの男の子で、かっこいい必要はなかったのだが、彼を選んだのは、オーディションに現れた彼の目の中に、子供っぽい部分と複雑な感情があるのを見て、彼ならこの難しい役をできると判断したからだという。そして期待どおり すばらしい演技を見せてくれた。

この映画で映画俳優として高い評価を受け、『フレンドシップ ター・ガップ・チャン』('08)『ファン・ワーン・アーイ・ジュープ(4 romances)』('08)『ブッパー・ラートリー3.1』(09年)と次々とヒット作に出演している。また、現在もモデルとしても活躍し、数多くのコマーシャルにも出ており、今やタイでは誰もが知っている人気スターとなった。

イン役

ガンヤー・ラッタナペット

ニックネーム:ターン

1989年生まれ。

彼女が多くの人に知られることになったのはこの映画がきっかけだが、実は役者としては13-14才の時に出演したコメディ映画『エーラー(Beautiful Wonderful Perfect)』('05)がデビュー作。

その後、ティーンエージャー向けの雑誌や、テレビコマーシャル、ミュージックビデオで活躍していたところ、その演技力を認められてこの映画への出演となった。

ミウに片想いする近所の女の子のイン役。おまじないを信じる夢見る女の子だったが、ストーリーの展開とともに、母性を感じさせるしっかりした女性に成長してゆく。この映画で重要な存在であるインを演じた。監督は、「彼女自身もインを演じることで、演技力だけでなく人間的にも成長し、すばらしい役者となった」と絶賛している。この映画の後、映画『ファン・ワーン・アーイ・ジュープ(4romances)』('08)への出演のほか、ドラマ、

コマーシャル、ミュージックビデオなどで幅広く活躍している。

1988年生まれ。

16才の時に応募した「Babi Mild」というシャンプー/ボディーソープのブランドが行っている「Milky Skin Lady」のコンテストで優勝し芸能界に入る。その後、ティーン雑誌や、多くのCM、ミュージックビデオで活躍。この映画が、本格的な役者としてのデビュー作となる。

トンの彼女役のドーナツは、かっこいいボーイフレンドを持って、ちやほやされたいと願うちょっとわがままな女の子。強気のセリフや態度を演じた。

この映画の後、雑誌やミュージックビデオだけではなくドラマにも出演し、役者としても活躍している。

ドーナツ役

アティチャー・ポンシンピパット

ニックネーム:ベース

1982年生まれ。タイで有名な女優。11才の時にNIVEAのCMでデビュー。その後ミュージックビデオ、映画、ドラマで活躍。本作品ではトンの姉

“テン”と、ミウのバンド<オーガスト>のマネージャー“ジュン”の二役を演じている。この難しい役を演じた彼女は、2007年度のスパンナホン映画大賞、バンコク映画評論家連盟映画大賞、スター・エンターテイメント大賞などで、助演女優賞を受賞している。しばらく芸能活動から遠さがっていた彼女は、

この映画をきっかけに復活。「この映画は、たくさんのことを私に与えてくれた。特に、愛について。愛がなければ我々は生きていけないということを。」と彼女は語っている。

ジュン/テン役

チャーマーン・ブンヤサック

ニックネーム:プローイ

トンの母 スニー役

シンジャイ・プレンパーニット

ニックネーム:ノック

1965年生まれ。30年近い芸歴を持つタイでとても有名な女優。

数十の映画、数え切れないほどのテレビドラマに出演している。彼女のキャリアの始まりは、バンコク大丸デパートのモデル。そして、映画出演のチャンスをつかみ、最初に出演した映画は『サーイ・サワート・ヤン・マイ・シン』('82)。そこから数々の映画、ドラマに出演し、タイを代表する女優となっていった。

役どころのトンの母スニーは、とても強い女性。娘テンの失踪が原因で夫はアル中になり、がたがたになった家族をなんとか保つため、冷静に普通の生活をしようと頑張るが内心は夫と同様テンを失ったショックを引きずっていた。トンを愛するあまり過保護になり10代の若者がどんなことを考えてるのかに気付こうとしなかったが、子供の成長と共に自らも何が大切なのかを学んでいく。

この難しい役をみごとに演じた彼女は、観客の心をつかみバンコク映画評論家連盟映画大賞、スター・エンターテイメント大賞などで、主演女優賞を受賞している。

トンの父 ゴン役

ソンシット・ルンノップクンシー

ニックネーム:ゴップ

1967年生まれ。モデルとして活動を始めた彼は、21才の時出演した

テレビドラマ『ザ・パブ』で役者としての道を歩み出し、多くの映画、

演劇に出演。歌手としてもアルバム『プア・ジャイ・ワイ』('88)を

始め何枚かのアルバムをヒットさせマルチで活躍する俳優である。

トンの父ゴンは、かつては家族思いの良き父であったのが、娘テンの失踪を自分のせいと自分を責め、仕事もせずに酒びたりの日々を過ごす。

そんな役どころを演じた彼は、「台本を読んだ時、これは今までのタイ映画にない、家族の一面を鋭くとらえた映画だとわかり、とても気に入った。この役は、普通の男で、しかもアル中。今まで金持ちの役ばかりやっていたので勝手が違いダイエットをして髭をはやし役作りをした。今までの役者人生の中で、こんなに本気で涙を流した役はなかった」と語っている。

この映画の後も、妻役を演じたシンジャイ・プレンパーニット(ノック)と一緒にミュージカルで共演するなど常にトップでの活躍を続けている。

Staff

1981年生まれ。タイ北部の古都チェンマイ出身。タイの東大といわれるチュラロンコン大学のジャーナリズム学部で映画・写真を専攻。学生時代から短編映画を作り経験を重ね「ピサジ悪霊の棲む家」('04)を発表。「レベル・サーティーン」('05)は韓国の第11回富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭で最優秀賞、カナダの第9回ファンタジア国際映画祭で最優秀アジア映画賞を受賞。「ミウの歌」('07)に続き、同映画の出演者を起用して翌年「ファン・ワーン・アーイ・ジュープ(4 romances)」を発表。また、日本公開の「チョコレート・ファイター」の脚本も手がけており、監督、脚本家、ミュージシャンとマルチな才能で注目されている。「ミウの歌」は、監督が学生時代から4年の歳月をかけ構想しずっと作りたいと思い続けていた監督渾身の作品。

親日家で<マー君>という日本向けニックネームも持っている。日本のポップカルチャーに大きく影響を受けたそうで、特に漫画、アニメには興味があるとのこと。監督をしている時の厳しい表情に対して、普段の監督はお茶目な一面を持った楽しい方で、[大阪アジアン映画祭2009]でのトークではそんな監督の人柄が表れ、多くの観客が監督のファンになったようである。高校まで、ミュージシャンになろうと思っていた監督は映画の中で使われている挿入歌は、ほとんどが監督の作詞・作曲によるもの。また、映画の中に登場するミウたちのバンド「オーガスト」は、映画の後、実際にデビューし、現在タイで大人気のバンドになっているが、このバンドのプロデュースをしているのも監督である。なお、監督自身もインの兄役で、この映画の1シーンに出演している。

監督/脚本/音楽

チューキアット・サックウィーラクン

ニックネーム:マディアウ(タイ)/マー君(日本)

製作: プラッチャヤー・ピンゲーオ

1962年生まれ。監督、プロデューサーとして、数々のヒット作品を世に送り出している。監督としては、「マッハ!!!!!!!!」、「トム・ヤム・クン!」、「チョコレート・ファイター」などの作品がある。

プロデューサーとして携わった作品の中に、チューキアット監督の「ピサジ悪霊の棲む家」、「レベル・サーティーン』があり、チューキアット監督の良き理解者でもある。

製作: スガンヤー・ウォンサターパット

製作総指揮: ソムサック・テーチャラッタナプラサート

音楽(Original Score): ギティ・クルーマニー

タイ 2007年度 スパンナホン映画大賞 - 作品賞、監督賞、助演女優賞 受賞

タイ 2007年度 バンコク映画評論家連盟 映画大賞 - 作品賞、監督賞、主演女優賞、助演女優賞、脚本賞、音楽賞 受賞

タイ 2007年度 スター・エンターテイメント大賞 - 作品賞、監督賞、主演女優賞、助演女優賞、脚本賞、音楽賞 受賞

タイ バンコク国際映画祭2008出品

韓国 富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭2008出品

フィリピン 第10回シネマニラ国際映画祭出品

ブラジル 第16回FESTIVAL MIX BRASIL出品 Audience Award受賞

アメリカ 第32回ポートランド国際映画祭出品

日本 アジアフォーカス2008福岡国際映画祭出品

日本 大阪アジアン映画祭2009出品 観客賞 受賞

出演:ウィウィシット・ヒランヤウォンクン(ミウ)、マリオ・マウラー(トン)、ガンヤー・ラッタナペット(イン)、アティチャー・ポンシンピパット(ドーナツ)、

チャーマーン・ブンヤサック(ジュン/テン)、シンジャイ・プレンパーニット(スニー)、ソンシット・ルンノップクンシー(ゴン)

主題歌:「ガン・レ・ガン~ずっと一緒に~」 by サウンド・トラック「LOVE OF SIAM」 挿入歌:「Ticket」「ルースック・バーン・マイ~どう思ってる?~」...etc by サウンド・トラック「LOVE OF SIAM」

映画、出演者に関するお問い合わせ先: info@loveofsiam.net

Copyright 2009-2015 Anacott Co.,Ltd. All Rights Reserved